使いやすくお手頃価格のうつわの制作販売

常に研究開発、新しい制作技術、焼成技術を高める努力を惜しみません

石州亀山焼概要


About Sekishu Kameyama-yaki (Kameyamayaki Pottery)

Sekishu Kameyama-yaki is a form of pottery that – rare for pottery nowadays – is produced
entirely in-house; from the collection of
clay on our home mountain, to the shaping,
to the firing.

It has also been designated a Hometown
Traditional Craft of Shimane Prefecture.
Day in and day out, we devote ourselves to our craft to make sure every single piece
we produce embodies our philosophy of
“Relief through sight, touch, and use.”
Since around the turn of the millennium,
we have created many carbonized
yakijime vases and beer cups.
Carbonized yakijime is a process in which
pieces are fired over an extended period of
time and discolored during the process,
resulting in unique works of art.
We make pieces for wedding receptions, private
family parties, senior birthdays, Mother’s Day
and Father’s Day celebrations,
baby showers, and company founding anniversaries.



陶主 陶芸家 佐々木 硯城 (ささき けんじょう Kenjoo Sasaki)



本名 佐々木 繁政 (ささき しげまさ)  1931年生まれ 

小学校を卒業後陶芸の世界に入り、非常に厳しい修行時代を過ごす 

福岡県田川市の上野焼十時窯白川家(あがのやきとときがま)で、25年修行研究上野焼古来の
伝統と釉薬の秘法を体得

          中央が佐々木繁政

1971年(昭和46年)春帰郷、師匠白川甫硯氏が若き頃に使用された窯を継承 
浜田市のお城である旧跡亀山城(明治維新ごろに落城)にちなんで<石州亀山焼>と命名

以来、辰砂、焼き締め、赤流し、青流し、黒釉、白釉、イラボ釉など多彩な釉薬を使い、
独自の技法をもって名器の作出に努めております


1973年 島根県県展入選
1974年 島根県県展銅賞入賞   以後連続入選 
1987年 新日美展入選    以後3回入選  
1991年 新日美展入賞
1998年 新日美展島根県支部大賞

個展、グループ展多数

2008年 島根県ふるさと伝統工芸品指定
             

                                         
             
                                   

陶芸家 佐々木 弘吉(ささき ひろよし Hiroyoshi Sasaki  WEB MASTER

                

佐々木弘吉


1963年島根県浜田市生まれ
1969年 昭和44年 福岡県田川市 誠慈保育園     
1975年 昭和50年  浜田市立有福小学校卒業  (その後宇野小学校、上府小学校とともに国府小学校に統合)  
1980年 昭和55年3月   浜田市立有福中学校卒業
              (1999年有福中学校は国府中学校と統合し浜田東中学校として生まれかわりました)
1983年    島根県立浜田高等学校卒業
1988年    青山学院大学経営学部経営学科卒業     
1991年    愛知県立窯業高等技術専門校陶磁器製造科卒業
1991年    帰郷以後父を師に仰ぎ作陶をはじめる
2010年2月 島根県優秀専門技能者(陶磁器製造)に認定される
2017年3月 島根県ふるさと伝統工芸品後継者表彰


            ロクロ



作品はすべて私が焼いています。
釉薬ごとに全部焼き方が違いとても苦労させられていますが、陶芸の世界は奥が深く 窯の中の炎を観るたびに
言い知れぬ不安とまだ見ぬ作品への期待が交錯します。


twitter  facebook





陶芸家 絵付師 佐々木 和美(旧姓佐々木) 

ささきかずみ (Kazumi  Sasaki)








1989年 島根県立浜田高等学校卒業
1990年 愛知県立窯業高等技術専門校卒業 陶磁器デザイン科卒業
1990~1991年 多治見市  虎渓窯 美濃焼陶芸道場にて修行

生け花 池坊正教授

花器、コーヒーカップ、煎茶器などの制作、絵付け作品を得意とする
グループ展多数開催

結婚してたまたま同姓の佐々木家に嫁ぎ、3児の母





◆◆◆窯名の変遷◆◆◆



1971年~
石州亀山焼窯元
(せきしゅう かめやまやき かまもと) 開窯

1980年代
石見焼亀山窯(いわみやき かめやまがま)
石見陶器工業共同組合所属

1990年代
石州亀山窯(せきしゅう かめやまがま)
石見陶器工業共同組合脱退

2000年以降
石州亀山焼  (せきしゅう かめやまやき)

当窯では、それぞれの年代に応じて 作品の高台脇に、窯印を押印しています。
現在でも『石州亀山窯』と窯印を押印する場合があります。
また、『硯城』とサインを入れたものもあります。




■作品のご紹介■


松江クラフトフェア2016

炭化焼き締めビアカップ2015

石州亀山焼作陶展 in にほんばし島根館2015Spring

石州亀山焼作陶展 inにほんばし島根館

コーヒーカップ(粉引花絵カップセット)

秋の花を生ける"石州亀山焼作陶展

炭化焼き締めビアカップ

生け花用 陶器の花器、花瓶

煎茶器セット

粉引いっぷく碗

コーヒーカップ(粉引花絵カップ)

しまね陶窯展とふるさと伝統工芸品展

クラフト展 in 平田本陣記念館 2012年3月29日から4月2日

石州亀山焼 WAZA2012 全国伝統工芸品出品作品

香炉

工房店舗




窯元概要

会社名 石州亀山焼(せきしゅうかめやまやき)(英語表記 Kameyamayaki Pottery)
事業運営者 佐々木硯城(繁政)、佐々木弘吉
設立 1971年4月
事業内容 陶器の制作、販売、陶芸体験など
住所 〒697-0005 島根県浜田市上府町荒相 ロ418-1
電話番号 0855-28-2822
メールアドレス kameyamayaki@gmail.com
inserted by FC2 system